進撃の日本代表速報

サッカーや野球や主にスポーツなどの日本代表の活躍をみてホルホルしたい方に送る感じです

    タグ:本田

    【サッカー】ユーベを苦しめた本田圭佑。敗戦にもACミランに朗報!
              images-523


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 18:49:59.90 ID:???*.net
    オフィシャル誌編集長のミラン便り

    ユベントススタジアムで対戦相手のチームが結果を出すのは非常に難しい。スーペルピッポ(インザーギ監督の愛称)もそれはよくわかっているし、ミランの選手たちも重々承知だ。

    この土曜日(2月7日)に行なわれたユベントス対ミラン戦。試合には、やはり――”やはり”などという言葉は、本当は使いたくはないのだが負けてしまった(結果は3-1)。

    ただ、それでもシーズン終盤に向けての明るい兆しを感じられた一戦でもあった。

    キックオフ直後から、今シーズン前半にユベントスと当たった時のミランとは明らかに異なっていた。ユベントスが攻撃してくるのをただ待って防戦するのではなく、自分たちから積極的に攻めに出ていた。

    またミランの突然の戦術変更にユベントスは最初明らかに戸惑っていた。それはまさに本田圭佑のポジショニングに関してだ。

    本田はこの試合、彼が自分本来のポジションというトップ下で先発。

    しかしディフェンスの場面では、いつでもユベントスの司令塔アンドレア・ピルロに襲いかかる準備が出来ていた。

    ご存知だろうがピルロはかつてのミランの選手であり、今でも彼の放出を嘆くミラニスタは多い。

    本田の柔軟な対応と自己犠牲の精神、チームの前向きな姿勢でミランは最後の最後まであきらめず、ユベントスを苦しめ続けた。

    しかし気持ちだけでは守備の脆さをカバーすることはできなかった。今シーズン9度目のCKからのゴールを決められてしまったのだ。

    これは非常にネガティブな記録である。また同点に追いついたあと、たった3分でまたユベントスに追加点を許してしまったのはあまりにも早すぎる。

    今のユベントスを破るのはやはり至難の業であった。しかしこの先、ミランにとってはラッキーなカードが続く。

    2試合連続のホームゲームで、それも対戦相手はエンポリとチェゼーナ。どちらも現在ミランより下位のチームであり、一気に順位をあげるチャンスである。

    良いメンタリティーの他に、冬のメルカートでの補強がうまくいったことをインザーギはこの試合で確認した。

    彼らがこの調子で活躍してくれれば、ミランが今シーズンの最低目標であるヨーロッパリーグ出場権(5位以内)を手に入れる力となってくれるだろう。

    DFのルーカ・アントネッリは左サイドに安定を与えてくれた。彼はジェノアのキャプテンだったが、9シーズン前にはミランの選手でもあった。

    だからミランに慣れるのも他の新加入の選手より人一倍早かったのだろうか、ミランでの第二のサッカー人生を彼はゴールという形で飾った。

    センターバックのガブリエル・パロッタは、他の守備陣とともにこの日3点をユベントスに許してしまったが、
    W杯前にはセリエA最強のDFの一人と言われていた選手だ。まだフルスロットルではないが、その力を垣間見せていた。

    トップには、新しく入った選手ではないが、以前の好調なパッツィーニが戻ってきた。

    前半37分にメネスと交代して入ったパッツォは、同点に追いつく大チャンスのシュートを放った。

    これを防げるのは世界でもトップクラスのGKしかいないだろうというシュートだったが、残念ながらこの日相手ゴールを守っていたのはブッフォンだった。

    来週にはこの攻撃陣の中にマッティア・デストロの姿もみることができるだろう。1月に獲得した選手の中でミランが攻撃の要として大いに期待している選手である。

    ひと足早くミランに加入していたアレッシオ・チェルチも確実に調子を上げてきている。

    その他にも良いニュースはいくつかある。シーズン前半、本田とメネスと共に活躍をしていたMFボナヴェントゥーラがこの試合でケガから復帰。

    来週にはやはり欠場していたMFデ・ヨング、MFモントリーヴォ、DFアバーテも次々に戻ってくるだろう。

    今度の日曜日の試合はミランにとって“真昼の決闘”となるだろう。(試合は12時30分キックオフ)。

    先ほどエンポリ相手で順位を上げるチャンスと書いたが、だからこそ失敗も許されない。上位に向かう最終列車といってもいい。

    これに乗り遅れたらもう後はない。必ず勝利して3ポイントを手に入れ、上位へ食い込む足がかりとしてほしい。

    そうでなければミランの今シーズンは本当に破滅だ。我々は毎度のごとく叫ぶしかない。

    本田にボールを、ミランに勝利を! 来週は明るい気持ちでみなさんと再会したいものだ。

    2月10日(火)18時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150210-00010006-sportiva-socc

    【ユーベを苦しめた本田圭佑ww敗戦にもACミランに朗報??】の続きを読む

    【サッカー】ACミランが今夏に本田圭佑凱旋試合を計画、名古屋戦が候補

          no title


    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 10:32:35.94 ID:???*.net
    ミラン本田が凱旋試合計画 名古屋戦候補

    ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)が今夏、ミランの10番を背負い日本に凱旋(がいせん)する可能性が高いことが9日、分かった。

    今夏のアジアツアーを計画中とされるミランが、来日し本田の古巣である名古屋を第1候補に、親善試合を開催したい強い意向を持っていることが判明。

    実現すればミラン本田の国内お披露目の場となる。

    ミラン本田の凱旋プランが具体化した。今夏のアジアツアーを計画中とされる名門が、
    来日し対戦相手の筆頭候補に名古屋を挙げていることが分かった。

    セリエA関係者は「ミラン幹部が名古屋に行きたいと言っている」と証言。本田がプロの第1歩を踏み出し05年から3年間在籍した古巣を対戦相手に“指名”。

    名古屋の関係者は「具体的な話は何も聞いていない」

    と話しているが、交渉は水面下でスタートしているようだ。

    ミランは近年オフシーズンを利用し米国ツアーを行っていたが、本田の移籍もあり日本を重視。

    昨年5月には日本市場を意識するバルバラ・ベルルスコーニ副会長が「できたら親善試合も開催したい」 と話している。

    本田の加入後、複数の日本の大企業とスポンサー契約を結ぶなど関係は深まる一方。
    世界一となった07年クラブW杯以来、8年ぶりの来日もむしろ自然な流れといえる。

    昨年1月に盛大な会見でミランに加入し、重い10番を背負いレギュラーとしてプレーする本田にとっては、これ以上ないお披露目の場となる。

    プロのイロハを学んだ名古屋を相手に、世界的ビッグクラブ、
    あの赤と黒のユニホームを身にまとい成長を示すことができる。

    日本代表では何度も国内でプレーしているが、
    08年1月にオランダ1部(当時)VVVに移籍後、CSKAモスクワ時代も含め、
    所属クラブの一員としてここ8年、日本でプレーしたことはない。記念すべき初めての凱旋の場となる。

    今季からJリーグが2シーズン制になること、スポンサー契約など、まだクリアすべき条件は多いという。

    現状では7月下旬から8月上旬とみられる来日時期も含め、不確定要素は多いが、実現すれば見逃せない
    夢の一戦となる。

    ◆ミラン来日 日本との縁は深い。トヨタ杯で89、90年に2連覇を達成するなど、国立で行われていた

    “世界一決定戦”に欧州王者として5度の出場経験がある。歴史は今も引き継がれており、現在も在籍する
    クラブのシェフはスマートフォンに日本でトヨタ杯を掲げるロッカールームの写真を保存している。

    トヨタ杯を引き継いだ形のクラブW杯では07年に来日し優勝。この時は準決勝で浦和を1-0で下した。

    ◆本田の予定 今季のセリエA最終節は5月31日アタランタ戦(アウェー)となっている。

    その後はオフで、招集の可能性が高い日本代表の一員としてW杯アジア予選を戦う見込み。

    来季のセリエAは8月23日に開幕予定。今季より約1週間開幕が早い。今季のチーム集合日は7月9日で、
    同22日に遠征先の米国入りしている。ここから推測すると、来季に向けても7月上旬にはチームとして
    活動を始めることになりそうだ。[2015年2月10日8時7分 紙面から]

    nikkansports.com
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20150210-1432598.html

    【ミランの本田が今夏凱旋試合かwww】の続きを読む



    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/10/06(月) 22:50:22.60 ID:???0.net
    本田ら合流遅れも監督気にせず

    2014年10月6日

    http://www.daily.co.jp/soccer/2014/10/06/p1_0007397302.shtml
    http://www.daily.co.jp/soccer/2014/10/06/p2_0007397302.shtml
    http://www.daily.co.jp/soccer/2014/10/06/p3_0007397302.shtml
    長友(左)と共に帰国した本田(撮影・開出 牧)

    濃紺のスーツで帰国した本田。左後方は長友(撮影・開出 牧) 到着ロビーでファンに
    サインをする本田圭佑=成田空港(撮影・開出 牧)

     合宿初日の6日朝に帰国予定だったFW本田圭佑(ACミラン)、MF田中順也(スポルティング)、

    DF長友佑都(インテル・ミラノ)がそれぞれ航空機の遅延で、また追加招集のMF田口泰士(名古屋)も

    新幹線の遅れなどで、午後の練習に間に合わなかった。

     予定が狂ったがアギーレ監督は「無事に合流してくれればそれで良いです」と気にしていなかった。

    http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2014/10/06/1p_0007397302.shtml

                        no title


    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 23:56:39.17 ID:???0.net
    チェゼーナ 1-1 ACミラン

    ゴール
    ダヴィデ・スッチ(前半10分)
    アディル・ラミ(前半19分) (←本田アシスト)

    退場
    クリスティアン・サパタ(後半28分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634758

    【ミラン本田がまたもアシストで結果を出してキターーwww】の続きを読む

    no title


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 13:35:00.09 ID:???i.net
    ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOが、開幕から4戦3ゴールと好調のMF本田圭佑について言及した。

    『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、同CEOは「(アルベルト・)ザッケローニはすべてにおいて正しかった。

    ケイスケはロシアからミランに来た6か月前は休む間もなかった。でもW杯を終えてフレッシュな状態で戻ってきたのが良かった」と絶賛。また同紙もイタリア語の上達を好調の要因として挙げるなど、特集を組んで紹介している。

     ミランの次節は28日(日本時間同日22時キックオフ)の敵地チェゼーナ戦。現地でも背番号10への期待はますます高まっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140927-00139536-gekisaka-socc

    【ACミランのガッリアーニCEOが本田の活躍を絶賛www「ザッケローニは正しかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ