進撃の日本代表速報

サッカーや野球や主にスポーツなどの日本代表の活躍をみてホルホルしたい方に送る感じです

    タグ:原

    【サッカー】アギレ・ジャパン、年内の親善試合でアジア勢との対戦を回避 強豪国を中心にマッチメーク

              images-318
      


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 07:21:29.75 ID:???0.net
    アギレ・ジャパンはアジア対策より腕試しを優先!? 

    11日にハビエル・アギレ新監督(55)の来日を控える日本代表が、年内の親善試合でアジア勢との対戦を回避することが6日、分かった。

    アジア杯(15年1月・オーストラリア)前に一度もアジア勢と対戦しないのは初めて。強豪国との対戦で新戦力や日本の実力を見極めるのが狙いだ。

    アギレ・ジャパンの年内6連戦は、全てアジア勢以外との対戦になる。日本サッカー協会の原博実専務理事は「年内はアジアとやりたくない。

    どうせアジア杯でも当たるし、それに(W杯アジア)予選でも当たるので」と明かした。

    発表されている9月のウルグアイ、ベネズエラ戦に加え、10月にはシンガポールでブラジル戦が内定済み。
    残る3試合もアジア以外の強豪国を中心にマッチメークを進めていく。

    背景にはW杯アジア予選の対戦方式変更がある。次回ロシア大会の予選からは総試合数が14から18に増えることが決定的で、
    原専務理事は「やりたくなくても、アジアとはやらなきゃいけない」と説明した。アジアとの公式戦が増えるため、必然的に強豪国との親善試合のチャンスは減る。

    年内はアジア杯対策を捨てる腹づもりだ。

    日本代表はこれまで、W杯後の新体制発足直後に多くの新戦力が招集されてきた。
    ザック・ジャパンでもDF田中マルクス闘莉王やDF中沢佑二ら南アW杯の主力は数試合に呼ばれた程度で、徐々に代替わりが進んだ。

    今回もブラジルW杯の主力と新戦力を見極める可能性が高いが、アジアの弱小国相手では課題が見つからない。

    しかも6試合中5試合がホーム開催のため、できるだけ強い相手を呼ぶ必要がある。

    アギレ監督は就任に合意後、原専務理事に「強いところ、いろんな(地域の)ところとやりたい」と要望している。

    ウルグアイとの対戦が決まると「そんな(に強い)チームとやれるのか!」と喜んでいたという。
    新生ジャパンの骨格が固まる年内の6試合は、結果よりも試合内容が重要だ。

    8月7日(木)7時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140807-00000020-sph-socc

    【【日本サッカー協会の原博実専務理事www】アギレ・ジャパン、年内の親善試合でアジア勢との対戦を回避 強豪国を中心にマッチメーク】の続きを読む

    1: ◆ENPDAsv5PuwA @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 05:30:27.59 ID:???0.net
    アギレ氏、ザック後任に前向き!4年契約で推定年俸2億円

    サンケイスポーツ 6月28日(土)5時0分配信

    サッカー日本代表の次期監督として最有力候補に挙がっているハビエル・アギレ氏(55)が、
    日本との本格的な交渉開始に前向きな姿勢を示していることが27日、明らかになった。
    退任するアルベルト・ザッケローニ監督(61)の後任を検討する日本サッカー協会の“人事会議”ともいえる臨時技術委員会が
    7月1日に開催されることも決まり、早期決着の可能性も出てきた。

    日本サッカー協会の原博実専務理事兼技術委員長は27日、臨時技術委員会を7月1日に開くことを明らかにした。
    ブラジルW杯で1次リーグ敗退した日本代表とともに、この日、帰国した同専務理事は成田市内で
    「次(の監督)がどうのこうの言う前に、4年間の内容とW杯を両方検証しないといけない」と述べた。
    臨時技術委員会では4年間の総括を含め、退任するザッケローニ監督の後任選定の指針を定めるとみられる。

    現在、アギレ氏らが後任候補に挙げられているが、具体的な検討に入るかどうかは
    「そこまでいけるかどうか、というより検証するのが一番の仕事」と明言は避けた。

    また、先に帰国した大仁会長は後任監督人事を原専務理事に一任することを強調。
    同専務理事のザッケローニ監督への任命責任に関しては
    「ここまで進化させてくれたし、方向性は間違っていない」と不問に付す考えを示した。

    26日付イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトは、日本代表のザッケローニ監督の退任を特集。
    その中で「彼の後継はハビエル・アギレ。2002年と2010年W杯の元メキシコ代表監督」と報じた。
    イタリア人指揮官の後任とあって、同国メディアの注目も高い様子だ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00000503-sanspo-socc

    【【サッカー】大仁会長、原専務理事について不問に付す考え ザック以外責任取らないままアギーレJAPANが7/1にほぼ決定か】の続きを読む

    1: ◆ENPDAsv5PuwA @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 00:38:44.90 ID:???0.net
    日本の次期監督「9月までに」 原・技術委員長が見解

    朝日新聞デジタル 6月27日 23時11分配信

     退任を発表した日本代表のザッケローニ監督の後任について、日本サッカー協会の原博実・技術委員長は27日、
    「9月に間に合うのが理想」と話し、9月に予定されている日本代表の親善試合までに後任を決めたい考えを示した。

     来月1日に臨時の技術委員会を開き、ザッケローニ体制の総括を行うという。
    原委員長は「今後をどう考えるかというところまでは、短い時間の中で決めないといけない」。
    協会やJクラブの強化責任者からの意見を聞いた上で、後任の監督選びの方向性を大仁邦弥会長に示す方針だ。

     日本の1次リーグ敗退という結果を受け、
    「(ザッケローニ監督と)一緒にやってきたところをどう判断するかは、僕が言えることではない」と、
    自身の責任問題にも触れた。
    監督候補の選定については「検証をして報告を上げるまでが自分の仕事。その後は会長の判断になる」と
    述べるにとどまった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140627-00000047-asahi-spo

    【【サッカー】ザックは潔く辞めるのに…原博実、責任問題について「僕は判断できない」 次期監督選考に引き続き関与へ】の続きを読む

    このページのトップヘ