進撃の日本代表速報

サッカーや野球や主にスポーツなどの日本代表の活躍をみてホルホルしたい方に送る感じです

    タグ:協会

    【サッカー】日本サッカー協会の原博実専務理事、W杯でのザックジャパンの敗因を総括。「アギーレ氏は戦術の引き出しが多い」


                 images-261
     


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/24(木) 21:34:08.22 ID:???0.net
    日本サッカー協会の原博実専務理事がブラジルW杯でのザックジャパンの敗因を総括したうえで、
    新監督となるハビエル・アギーレ氏に期待を寄せた。

    原専務理事はまずグループリーグ1分2敗に終わった要因について、「いろいろな要素がある」としながらも、5月下旬の指宿合宿でのトレーニングでフィジカルの負荷が掛かりすぎていたことや、
    ベースキャンプ地イトゥーから試合会場への移動距離が長かったことを挙げた。

    「イトゥの環境は良かったし、涼しい気候でリラックスできた」と、キャンプ地そのものについては問題がなかったことを強調した原専務理事だが、一方でキャンプ地から試合会場までチャーター機でも5時間前後の移動時間を要したこと、そして移動が試合前日だったことが選手のコンディショニングに影響を及ぼしたのではないかという見解を示した。

    たとえば、優勝したドイツはバイーア州サント・アンドレのベースキャンプ地から試合会場のある都市へ基本的に前々日に移動していたが、日本は前日午前の移動が基本。

    午後に試合会場のある都市に到着し、夕刻以降に試合会場で公式練習というパターンになっていた。

    原専務理事は「イトゥで過ごす時間を長くしたいという考えだったが、それはどうだったのか」と否定的な口調で反省。

    ただし、「ドローが決まる前にキャンプ地を決めないといけなかった」という事情についてもあらためて言及した。

    もう一つの“失策”だったと言えるのは、5月21日から行った指宿合宿だ。

    6月14日のコートジボワール戦からさかのぼること24日。5日間にわたる指宿合宿ではフィジカルトレーニング中心の2部練習が行われた。

    原専務理事は「大けがを負っていた選手が3人いたし、所属クラブで試合に出ていない選手もいた」と、
    コンディションの悪い選手をターゲットとする必要があったことを説明しつつ、
    「(欧州)クラブで試合に出ている選手もいたし、Jリーグ勢はACLもあってタイトなスケジュールだった。

    そういう選手はもう少し休ませた方が良かったのではないか。そういう選手には負荷が強すぎた」と指摘した。

    また、試合中のデータについても言及。「数値は悪くなかったが、実際に生で見て、良いコンディションではなかったと思う」との感想も述べた。

    戦い方そのものについては、「得意な形でやろうと思ってそれができないときに、悪いなりに踏ん張れるというバリエーションが必要だった」と分析した。

    そのうえでアギーレ氏については、「選手として1度、コーチとして1度、監督として2度、計4度のW杯経験がある。

    スペインリーグではオサスナやサラゴサ、エスパニョールでの経験があり、お金のないクラブで結果を残すなど、
    引き出しの多い監督」と説明。「非常にジェントルマンで気持ちが強く、日本人の良さを引き出してくれる。今の日本に一番ふさわしい。

    勝負強さを植え付けてほしい」と大いに期待を寄せていた。

    ゲキサカ 7月24日(木)20時27分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140724-00137560-gekisaka-socc

    【【あれ、責任は・・・?】日本サッカー協会の原博実専務理事、W杯でのザックジャパンの敗因を総括。「アギーレ氏は戦術の引き出しが多い」】の続きを読む


    【サッカー】1次リーグ敗退に終わったW杯ブラジル大会について、原博実専務理事が「申し訳なかった」と陳謝

                                                              images-76



    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 20:39:01.44 ID:???0.net
    日本サッカー協会は10日、東京都内でJリーグ各クラブの強化担当者を集めた会議を開き、
    日本代表が未勝利で1次リーグ敗退に終わったW杯ブラジル大会について、原博実専務理事が「申し訳なかった」と陳謝した。

    またザッケローニ監督の攻め勝つスタイルを継続・発展させる意向に理解を求め、
    出席者から異論は出なかったという。

    メキシコ出身のハビエル・アギレ氏で一本化している次期代表監督について、具体的な説明はなかった。
    原専務理事は報道陣に対し「決まったら話します。まだ決まっていない」と述べるにとどめた。

    7月10日(木)19時39分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00000583-san-socc

    【【日本代表】原博実が惨敗について陳謝も「ザック流は継続」←】の続きを読む

    1: 膝靭帯固め(茸)@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 16:57:54.57 ID:jn6reEeG0●.net BE:875259835-2BP(11000)

     ブラジルW杯で1次リーグ敗退に終わった日本代表が27日、成田空港着の航空機でブラジルから帰国した。
    退任を表明したアルベルト・ザッケローニ監督(61)はじめ選手はファンに温かく出迎えられたが、
    その数は前回大会の約4分の1の1000人。一足早く帰国した日本サッカー協会の大仁邦弥会長(69)は退任を迫る
    ヤジを受け、報道陣には辞任の覚悟があることを述べるなど、いら立ちを隠さなかった。

     痛烈なひと言が突き刺さった。代表より4時間早く帰国した大仁会長に、1人の男性ファンが叫んだ。
    「責任をとる気はあるのか?」。期待を裏切る1次リーグ敗退を糾弾。その場では無視したが、直後の会見で感情をあらわにした。

     5台のテレビカメラの前でヤジが飛んだことを聞かれると、語気を強めた。「責任逃れをする気は毛頭ない。必要があれば…」。
    語尾こそぼかしたが、逆ギレ気味に決意を吐露。
    W杯で迷走采配を見せたザッケローニ監督を選んだ原博実・専務理事(55)の任命責任を問う質問にも、「だ・か・ら!」と
    声を張り上げ、「今回は結果を出せなかったが、これまでの4年間は代表チームを進化させている」と反論した。
    ふだんの温厚な人柄が一転、珍しく感情をむき出しに。
    任期中で職務を放り出す辞任は現実的ではないが、1分け2敗の惨敗劇の波紋が浮かび上がった一幕だった。

     本田、長谷部を除く選手たちは、約1000人のファンに出迎えられた。空港職員50人が警備したが、目立った混乱もなかった。
    サポーターはザック監督に向け、イタリア語で「あなたの責任ではない」というボードを掲げ、「辞めないで」と別れを惜しむ
    声をかけた。しかし、16強入りした前回南アフリカ大会では、関西空港に約4200人が集結。
    当時の岡田監督が「なんじゃこりゃ」と驚いた熱狂ぶりと比べると寂しい限りだ。

     大仁会長は「結果は残念だが、攻撃サッカーは世界でも戦える力がついている」と成果を訴えたが、
    駆けつけたのは興味本位と思われるファンが大半で祝福ムードはなかった。
    硬い表情で前を通過した香川、長友らは前回と比べ、敗北の事実を実感したに違いない。
    http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20140628-OHT1T50010.html

    【日本サッカー協会会長、サポーターに責任取るのかと問われ逆ギレ…「4年で代表を進化させただろ!」】の続きを読む

    1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 22:28:43.21 ID:???0.net
    アジア枠削減に「危機感」と大仁会長
    http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2014/06/27/0007093605.shtml
    デイリースポーツ 2014年6月27日


     日本サッカー協会の大仁弥邦会長は27日、W杯ブラジル大会から帰国した
    成田空港で、記者団の取材に応じ、「非常に心配。危機感を持っている」と険
    しい表情で語った。ブラジル大会では、アジア勢が未勝利に終わり、次回大会
    からアジアの出場枠が削減される可能性が出てきた。

     田嶋幸三副会長も「アジアの人口、国の数を考えたら、4・5枠を死守する
    ために、われわれは戦わねばならない」と、来年5月の国際サッカー連盟(F
    IFA)の理事選挙を見据えていた。

     今回のブラジル大会にはアジア枠として日本、韓国、イラン、オーストラリ
    アの4カ国が出場したが、いずれも1次リーグで敗退している。


    関連スレ:
    【サッカー】アジア勢、未勝利で全チーム敗退 12試合0勝3分9敗 アジア枠削減の懸念 [6/27]
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1403821990/

    【【サッカーW杯】アジア枠削減に「危機感」と大仁会長 | デイリースポーツ [6/27]】の続きを読む

    1: ◆ENPDAsv5PuwA @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/06/28(土) 05:30:27.59 ID:???0.net
    アギレ氏、ザック後任に前向き!4年契約で推定年俸2億円

    サンケイスポーツ 6月28日(土)5時0分配信

    サッカー日本代表の次期監督として最有力候補に挙がっているハビエル・アギレ氏(55)が、
    日本との本格的な交渉開始に前向きな姿勢を示していることが27日、明らかになった。
    退任するアルベルト・ザッケローニ監督(61)の後任を検討する日本サッカー協会の“人事会議”ともいえる臨時技術委員会が
    7月1日に開催されることも決まり、早期決着の可能性も出てきた。

    日本サッカー協会の原博実専務理事兼技術委員長は27日、臨時技術委員会を7月1日に開くことを明らかにした。
    ブラジルW杯で1次リーグ敗退した日本代表とともに、この日、帰国した同専務理事は成田市内で
    「次(の監督)がどうのこうの言う前に、4年間の内容とW杯を両方検証しないといけない」と述べた。
    臨時技術委員会では4年間の総括を含め、退任するザッケローニ監督の後任選定の指針を定めるとみられる。

    現在、アギレ氏らが後任候補に挙げられているが、具体的な検討に入るかどうかは
    「そこまでいけるかどうか、というより検証するのが一番の仕事」と明言は避けた。

    また、先に帰国した大仁会長は後任監督人事を原専務理事に一任することを強調。
    同専務理事のザッケローニ監督への任命責任に関しては
    「ここまで進化させてくれたし、方向性は間違っていない」と不問に付す考えを示した。

    26日付イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトは、日本代表のザッケローニ監督の退任を特集。
    その中で「彼の後継はハビエル・アギレ。2002年と2010年W杯の元メキシコ代表監督」と報じた。
    イタリア人指揮官の後任とあって、同国メディアの注目も高い様子だ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00000503-sanspo-socc

    【【サッカー】大仁会長、原専務理事について不問に付す考え ザック以外責任取らないままアギーレJAPANが7/1にほぼ決定か】の続きを読む

    このページのトップヘ