進撃の日本代表速報

サッカーや野球や主にスポーツなどの日本代表の活躍をみてホルホルしたい方に送る感じです

    タグ:ロッベン

    【サッカー】ぶっつけ本番なのに、 圧巻のパフォーマンスを見せたロッベン。バイエルン開幕戦白星へと導く
                 images-579



    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/08/26(火) 01:44:02.68 ID:???0.net
    自分自身の出来に驚くロッベン「20、30分でヘロヘロになると思った」

    22日の開幕戦でボルフスブルクと対戦したバイエルンは2-1の勝利を収めて、3連覇へ向けて好スタートを切った。

    この一戦で絶大なる存在感を示したのがオランダ代表FWアリエン・ロッベンだった。

    前半37分に右サイドを切り裂いてFWトーマス・ミュラーの先制点をお膳立てしたロッベンは、
    後半2分に今季初ゴールを流し込む。全得点に絡む活躍を披露して、チームを開幕戦白星へと導いた。

    圧巻のパフォーマンスを見せたロッベンだが、これには自身も驚いたようだ。

    クラブ公式ウェブサイトによると、ロッベンは「初戦から90分間戦えるとは思わなかったよ。

    しかも予想以上に良い出来だった。20、30分もすればヘロヘロになると思っていたけど、不思議なことに息が続いたよ」と語っている。

    それもそのはずで、オランダ代表の一員としてブラジルW杯の3位決定戦まで戦ったロッベンは、
    この試合までポートランドで行われたオールスターゲームのわずか4分間しかプレーしていなかった。

    ぶっつけ本番に近い状態で迎えた開幕戦の出来には、マティアス・ザマーSDも
    「彼は信じられないほどのプロフェッショナルだ」と舌を巻くしかなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140825-00138554-gekisaka-socc

    【【ありえんwww】ぶっつけ本番なのに、 圧巻のパフォーマンスを見せたロッベン。バイエルン開幕戦白星へと導く】の続きを読む



    【サッカー】オランダのロッベン 3位悔しいけど完全燃焼「本当に自分は空っぽです」

         no title


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/13(日) 07:39:53.71 ID:???0.net
     ◇W杯ブラジル大会3位決定戦 オランダ3―0ブラジル(2014年7月12日 ブラジリア)

     オランダのロッベンが無尽蔵のスタミナでブラジル守備陣を切り刻んだ。

     前半2分、トップスピードでパスを受けると、ドリブルでペナルティーエリアに侵入。
     ブラジルのDFチアゴ・シウバが手で止めるしかない快速ドリブルで、いきなりPKを誘発した。

     このPKをファンペルシーが決め、オランダがわずか3分で先制。
     ロッベンはその後も終了までピッチを縦横無尽に走り回った。

     「本当に自分はもう空っぽです。決勝に出られなかった悔しさはあるけど、3位になるために全力を出した」

     試合前、ブラジルのフェリペ監督が警戒する選手として真っ先に名前を挙げ、入念に対策を練ったことを明かした。
     その包囲網をものとのしないスピードと運動量で切り裂いた。

     「本当にクタクタ。だから3位を獲れた」

     決勝には進めなくても、プレーの輝きと闘志は深くサッカーファンの胸に刻まれた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00000070-spnannex-socc

    【【無敗の3位】俺たちのロッベン「本当に自分は空っぽです」】の続きを読む


    【サッカー】ファン・ハール監督「ロッベンをマンUに歓迎する」 [7/13]

                  images-143

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/07/13(日) 10:02:11.27 ID:???0.net
    AFP=時事7月13日(日)9時4分配信

    サッカーW杯ブラジル大会3位決定戦、ブラジル対オランダ。試合後に笑顔をみせるオランダの
    ルイス・ファン・ハール監督とアリエン・ロッベン(2014年7月12日撮影)。

    【AFP=時事】サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)3位決定戦でブラジルに勝利した
    オランダのルイス・ファン・ハール(Louis van Gaal)監督が試合後、アリエン・ロッベン(
    Arjen Robben)をマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)に歓迎するとコメントした。

     ロッベンは現在ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)に所属し、
    一方でファン・ハール監督は大会終了後にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイ
    テッドの指揮官に就任することが決まっている。

     オランダ代表監督としての最後の試合を戦い終えたファン・ハール監督は、オランダ放送協会
    (NOS)に対し、「彼はオールド・トラフォード(Old Trafford)で歓迎されることを知っている」と語った。

     ブラジリア(Brasilia)で行われた3位決定戦で、ファン・ハール監督が率いるオランダは3-0で
    ブラジルに快勝した。【翻訳編集】 AFPBB News

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140713-00000007-jij_afp-socc

    【マンU就任のオランダ代表監督「ロッベンもマンUにきちゃいなよ」】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/01(火) 13:33:43.57 ID:???0.net
    サッカーW杯ブラジル大会決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦から一夜明け、
    オランダ国内はアリエン・ロッベンが獲得したPKの判定を「当然」とみるか「大げさ」と見るかで意見が分かれているが、
    オランダの「奇跡的」な勝利については称賛する論調でまとまっている。

    メキシコ戦の試合終了間際に、ロッベンはペナルティーエリア内でメキシコのラファエル・マルケスと接触し転倒していた。
    ペドロ・プロエンサ主審がこのプレーをファウルと判断すると、クラース・ヤン・フンテラールがPKを決めてオランダが2-1で勝利を収めた。

    ロッベンは前半にPKを獲得しようとしてダイブしたことを認めているが、勝敗を決したPKの判定については正当なものだったと主張している。
    大衆紙テレグラフ(De Telegraaf)は、「前半のマルケスとの接触、続くエクトル・モレーノとの交錯で、ロッベンにはすでにPKが与えられるべきだった」と伝えた。

    「最終的に後半ロスタイムにロッベンはプロエンサ主審からごく当たり前のPKを与えられ、フンテラールがオランダを準々決勝に導いた。
    オランダはサッカーをし続けていたが、メキシコは1-0のリードを守っていただけに過ぎないので、十分勝利に値する内容だった」

    中道左派のタブロイド紙フォルクスクラント(De Volkskrant)は、メキシコ戦の勝利を「チームのファイティングスピリットによってもたらされた奇跡的な敗戦からの脱出」と表現している。
    PKの判定について同紙は、「ロッベンはふらつく相手に対しノックアウトの一撃を狙うボクサーだ。最後はロッベンがマルケスの足につまづいていくらか大げさに転倒し、
    待望のPKを獲得した」とし、PKを沈めたフンテラールに対しては、オランダ代表の「ワンマン・ヘルプデスク(問い合わせ対応部門)」と賛辞を送った。

    タブロイド紙NRCネクスト(NRC Next)は、1963年に公開された映画にちなんでメキシコ戦の勝利を「大脱走(The Great Escape)」と報じ、
    ロッベンのダイブについては、「いささか芝居じみていたが、それまでの彼に対する判断ミスを考慮すれば、主審がPKの判定を下しても十分納得がいくものだった」としている。

    タブロイド紙アルヘメン・ダフブラット(Algemeen Dagblad)は、「6分間で地獄から天国へ」と伝え、
    「『キング・クラース』は、恐ろしいほどプレッシャーがかかる場面でも冷静沈着なままだった」とPKを決めたフンテラールを称賛した。

    一方、フォルクスクラントはルイス・ファン・ハール監督を、「あまり強いとはいえないメキシコを相手に守備的な戦術にしがみついた。
    その戦術は時として専門家の目を侮辱しているようにみえる」と批判している。

    オランダ人評論家のヤン・ムルダー氏は、ベルギーのスポーツ専門チャンネルSporzaに対し、「この手の試合にはとてもいら立ちを覚える」とコメントした。
    ムルダー氏は、「今日はうまくいきましたが、オランダはこの(守備的な)システムで本当にW杯で優勝できますか? 」と問いかけると、
    「今になってみれば、スペイン戦はうまくいき過ぎたのかもしれない」と述べ、5-1で勝利したグループリーグ初戦での大勝が結果的にマイナスに作用する可能性を示唆している。

    AFP=時事 7月1日(火)1時46分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00000001-jij_afp-socc

    【【サッカー】オランダメディアを二分するロッベンのダイブ・・・・「当然」とみるか「大げさ」と見るか】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/01(火) 09:36:58.19 ID:???0.net
    メキシコと対戦したサッカーW杯ブラジル大会決勝トーナメント1回戦で
    ダイブしたことを認めたオランダ代表のアリエン・ロッベンが30日、
    国際サッカー連盟(FIFA)が自身の発言に対する処分はしないと発表したことを受け、
    改めてダイブ発言について言及した。

    オランダが2-1で勝利したメキシコ戦の後半ロスタイムに決勝のPKを獲得したロッベンは、
    オランダのテレビ局に対し、試合の序盤でダイブをしたことを認め、論争を引き起こしていた。

    オランダサッカー協会は、ロッベンのコメントの報道のされ方を批判し、誤った解釈をされていると強調していた。
    だが、KNVDが自身を擁護した数時間後、FIFAが自らの発言に対する処分を行わないと発表したことを受け、
    ロッベンは「1つの愚かな行為」をしたことを改めて認めた。

    報道陣から騒動に対する反応を求められたロッベンは、「私は正直者なので困ったものだ」と答えた。

    「正直というものは時として罰せられる。私は正直な方がいい」
    「前半にファウルがあり、タックルをされると思って倒れたが、相手は足を引いていた」

    「このことでチーム全体の素晴らしいパフォーマンスが忘れ去られてしまうのは残念だ。
    ここが重要だ。私には正直なところがある。謝罪はするが、これもサッカーだ」

    「愚かな行為が1つあって、それは試合の結果に影響をもたらさなかった。
    明らかにPKの状況が2回あり、そのうちの1つだけが認められた。この一件についてはこれ以上話す必要はない」

    FIFAのデリア・フィッシャー広報は、過去にさかのぼった処分が科されるのは、
    「審判の目を逃れた極めて悪質なファウル」にのみであり、ロッベンの試合後のコメントについては処分のあらゆる可能性を否定した。

    ロッベンは以前から一連のダイブが批判されており、13-14シーズンには欧州チャンピオンズリーグで
    アーセナルのアーセン・ベンゲル監督とダイブをめぐり舌戦を繰り広げた。

    3月に行われたバイエルン・ミュンヘンとの決勝トーナメント1回戦後にベンゲル監督は、
    「ロッベンは何もないところから何かを得る能力が非常に長けている。彼はいいダイバーだが、それもサッカーの一部だ」と語っていた。
    これに対しロッベンは、「偉大な監督には多くのことを期待している。偉大な監督なら、そういったクレームに頼る必要はない」と反論している。

    AFP=時事 7月1日(火)7時58分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140701-00000009-jij_afp-socc

    【【サッカー】オランダ代表のアリエン・ロッベン「私は正直者なので困ったものだ」】の続きを読む

    このページのトップヘ