進撃の日本代表速報

サッカーや野球や主にスポーツなどの日本代表の活躍をみてホルホルしたい方に送る感じです

    タグ:ブンデス

    【サッカー】今季は日本人11人が在籍…ブンデス新シーズンが開幕、独紙は先発を予想
              images-540


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 18:16:59.10 ID:???0.net
    2014-15シーズンのブンデスリーガが22日のバイエルン対ヴォルフスブルクを皮切りに、幕を開ける。

    日本人選手が多数プレーするドイツだが、今シーズンはトップチーム登録選手11名が在籍する。
    ドイツ紙『ビルト』は開幕を前に各試合の予想スタメンを掲載した。

    開幕節から日本人所属クラブ同士となる対戦カードは1試合。

    ハノーファーがホームにシャルケを迎える。昨シーズンを10位で終えたハノーファーは今夏、ニュルンベルクから清武弘嗣を獲得。

    所属3シーズン目となる酒井宏樹とともに先発予想となった。

    一方、昨シーズン3位だったシャルケだが、在籍5年目を迎える内田篤人はひざの炎症でプレシーズン、別メニュー調整が続いた。

    現在全体練習には合流しているが、『ビルト』の先発予想からは外れている。

    同紙は、清武が「4-2-3-1」の2列目中央、酒井宏が右サイドバックで起用されると見ている。

    今シーズンから渡独した日本人選手は浦和レッズからヘルタ・ベルリンに移籍した原口元気。

    ホームでブレーメンとの対戦になるが、「4-2-3-1」の左サイドハーフでスタメン予想となった。同僚の細貝萌もボランチの一角として名を連ねている。

    昨シーズンは清武とともにニュルンベルクでプレーした長谷部誠は、チームの2部降格に伴いフランクフルトへ移籍。

    新天地では乾貴士とともに上位を目指す。ホームでフライブルクと対戦するが、

    長谷部は「4-2-3-1」のボランチ、プレシーズンで好調なプレーを見せていた乾は2列目中央での起用予想となった。

    日本人の欧州主要リーグ1シーズン最多得点数となる15得点を昨季挙げたマインツの岡崎慎司。

    ヨーロッパリーグ予備予選とDFBポカール1回戦で敗退し、チーム状態を懸念されているが、岡崎は公式戦3試合で2得点と上々の結果を残している。

    アウェーで昇格組のパダーボルンと対戦するが、「4-2-3-1」のワントップでスタメン予想された。

    パダーボルンとともにブンデスリーガに昇格したケルンには大迫勇也と長澤和輝が在籍。

    昨シーズンの冬にケルンへ加入し、1部昇格に貢献した長澤はプレシーズンに左ひざのじん帯を断裂し、残念ながら長期離脱が決定。

    今夏に2部の1860ミュンヘンから加入してきた大迫は、すでに得点やアシストなどを記録しているが、『ビルト』はハンブルガーSVとの開幕戦では先発落ちすると見ている。

    昨シーズンは降格圏ギリギリとなる15位で終えたシュトゥットガルト。酒井高徳は在籍4シーズン目を迎える。

    アウェーで昨シーズン6位のボルシアMGと対戦するが、酒井高は「4-2-3-1」の左サイドバックに入ることが見込まれた。

    また、昨シーズン王者のバイエルンはホームでの開幕戦でヴォルフスブルクと対戦。

    『ビルト』は「3-6-1」のフォーメーションを採用すると予想し、新戦力のロベルト・レヴァンドフスキ、ファン・ベルナト、セバスティアン・ローデが起用されると見ている。

    >>2以降につづく
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140822-00223925-soccerk-socc

    【【時代はドイツだなwww】今季は日本人11人が在籍…ブンデス新シーズンが開幕、独紙は先発を予想】の続きを読む

    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/07/02(水) 17:33:34.74 ID:???0.net
    日本時間2日、ベルギーが延長戦の末に米国を下したことでブラジルW杯のベスト8が全て出そろった。
    ブラジル対コロンビア、フランス対ドイツ、オランダ対コスタリカ、アルゼンチン対ベルギーと、
    好カード揃いの準々決勝だが、この8チーム計184選手を輩出したクラブチームはどこなのだろうか?
    1位 バイエルン・ミュンヘン 10人
    2位 アーセナル 7人
    3位 チェルシー、パリSG 6人
    4位 レアル・マドリー、インテル、トッテナム、フェイエノールト 5人
    5位 バルセロナ、ナポリ、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスル、ポルト、ドルトムント 4人
    バイエルン・ミュンヘンが最多の10人を輩出している。ドイツ代表だけでもGKマヌエル・ノイアー、
    ジェローム・ボアテング、フィリップ・ラーム、トニ・クロース、トーマス・ミュラー、
    バスティアン・シュバインシュタイガー、マリオ・ゲッツェの7人を輩出しているだけに当然と言えば当然の結果だ。

    さらに、「4大リーグ」と言われるスペイン、イングランド、イタリアがグループリーグで敗退したことも大きい。
    リーグ別で見てもブンデスリーガは44人を輩出しており、2位のプレミアリーグの40人を上回っている。
    近年、UEFAチャンピオンズリーグでも安定した強さを誇るドイツ勢だが、
    クラブと代表ともに強化が成功している証だろう。
    その一方で、前述の通り40人の選手を輩出したプレミアリーグは、イングランド代表が1勝も出来ずにグループリーグ敗退。
    外国人偏重で強化を進めるクラブの弊害が大きく表面化する結果となった。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9001483/

    【【サッカー】W杯8強出そろう。 選手を最も輩出したクラブはバイエルン、 リーグ別でもブンデスが最多】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 13:33:49.54 ID:???0.net
    浦和レッズからヘルタ・ベルリンへ移籍するFW原口元気は27日午前、ドイツへと出発した。

     原口は、成田空港で報道陣に対し「いよいよという感じです。しっかりとした覚悟を持って行きたいし、必ず成長したい」と
    抱負を述べ、「インパクトを残すのが1つの成功の鍵。ゴールを決めたいですし、そこにこだわりたいし、形にもこだわりたい。
    二桁は取らないと。10ゴール決めれば、1つノルマは達成できるかなと思います」と具体的な数字を挙げて飛躍を誓った。

     元浦和のMF細貝萌がヘルタ・ベルリンに所属していることについては
    「いろいろ話は聞かせてもらっていますが、助けてもらいながらも、あまり(細貝選手に)依存しないように
    自分でも自立してやっていきたいです」とコメント。

    かつてドルトムントで活躍したマンチェスター・U所属の日本代表MF香川真司に話が及ぶと
    「あのインパクトを残せたらいいと思うし、目標はそこ。(香川選手は)日本人の評価を高めてくれた選手だと思うので
    そういう選手に自分もついていけるように頑張りたいです」と語った。

     さらに、原口は日本代表に関しても言及。ブラジル・ワールドカップでの戦いについて
    「非常に悔しかった。僕たちを代表していった日本代表が勝てなかったってことは残念だし
    さらにそこに行けていない自分に対しても非常に悔しかったですね」と心境を告白。

    「なんでここにいないのかなって。悔しいなって。日本が負けて悔しいし、そもそもその力になれない
    今の自分の力が悔しい。だから、4年後に…4年後というか、半年後とか1年後の話なんですが、日本の力になりたいです」と
    日本代表への思いを明かした。

    http://news.mynavi.jp/news/2014/06/27/224/

    【【サッカー】ヘルタ・ベルリン移籍の原口が飛躍を誓い渡独…目標は「10ゴール」】の続きを読む

    このページのトップヘ