進撃の日本代表速報

サッカーや野球や主にスポーツなどの日本代表の活躍をみてホルホルしたい方に送る感じです

    タグ:ドゥンガ

    【サッカー】ブラジル代表のドゥンガ監督、ネイマールの実力を高く評価しながらも、世界トップクラスの選手にはまだ一歩及ばないとの見解

                images-490

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/18(月) 19:47:43.67 ID:???0.net
    バルセロナのブラジル代表FWネイマールが、母国の新指揮官に就任したドゥンガ監督から叱咤激励を受けた。

    母国誌『Epoca』とのインタビューに応じたドゥンガ監督は、ネイマールの実力を高く評価しながらも、世界トップクラスの選手にはまだ一歩及ばないとの見解を示した。

    「ネイマールはブラジルで最高の選手だ。しかし現時点ではクラックではない。クラックと呼ばれるカテゴリーに入るためには、世界王者の称号を手にしなければならない」

    ブラジルフットボール界の伝説的選手を引き合いに出したドゥンガ監督は、ネイマールがクラックと呼ばれるためには、試合を決定する働きをもっと多く見せる必要があると考えているという。

    「ペレは10試合のうち6、7試合で勝負を決める活躍をした。ガリンシャもしかりだ。もちろん、フットボールが一段と進化していることにより、プレーは一段と難しくなってきている。
    スペースは少なくなり、マークは厳しくなる一方だ。

    とはいえ、現在のモダンフットボールであっても、違いを生み出す選手として認められるためには10試合のうち5、6試合で勝負を決定付けるプレーをすることが求められる」

    ドゥンガ監督はまた、ブラジル代表がルイス・フェリペ・スコラーリ前監督の下で採用してきたシステムが、ネイマールにとってはベストではなかったとの持論を展開した。

    「ネイマールがブラジル代表において違いを生み出せるよう、新たな戦術を創り出すつもりだ。それは、これまでのように彼にピッチ上での自由を与えることではない」

    http://www.wowow.co.jp/sports/liga/news_140818_1.html

    【【好きなセレソンって誰だった?】ブラジル代表のドゥンガ監督、ネイマールは世界トップクラスの選手にはまだ一歩及ばないとの見解】の続きを読む


    【サッカー】ブラジル訪問中の安倍首相、日本で活躍した経験のあるジーコ、ドゥンガらと会談

               images-367


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/02(土) 07:31:33.79 ID:???0.net
    日本で活躍した懐かしい顔ぶれがずらり

    8月1日、ブラジルを訪問中の安倍晋三首相の会合に、ブラジル代表の新監督に就任したドゥンガと、
    元日本代表監督のジーコが出席したことを現地メディア(「オ・グローボ」、「ESPN」同日づけ、電子版など)が伝えている。

    安倍首相との会談はブラジリアにあるホテルで開催された。

    会談には、横浜フリューゲルスをはじめ日本でもプレイしたことがあるセーザル・サンパイオ、1982年のブラジル代表選手オスカー、

    アルシンド、ビスマルキなど、他にも、日本で活躍した経験のある元サッカー選手たちが参加していたという。

    ドゥンガ新監督もジュビロ磐田で活躍した経験を持っている。

    ドゥンガとジーコは安倍首相に、ワールドカップブラジル大会で使われた公式ボール「ブラズーカ」を手渡した。

    安倍首相はドゥンガ新監督に、背番号8の日本代表のユニフォームを贈ったという。

    この会談の後、安倍首相は外務省でジウマ大統領と会談を行った。

    また、「オ・グローボ」はドゥンガ監督に対して、ジュリオ・セーザルとフレッジの代わりをすでに用意しているのでは? と質問。

    ドゥンガは「彼らを呼ばないなんて誰が言った!?」と否定したという。

    8月2日(土)4時8分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140802-00000318-mbrasiln-s_ame

    動画
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140802-00000007-jnn-pol

    【【JリーグOBwww】ブラジル訪問中の安倍首相、日本で活躍した経験のあるジーコ、ドゥンガらと会談】の続きを読む

    【サッカー】ブラジル代表のドゥンガ監督「私なら、W杯に代表の一員として参加している間は、髪を染めることは認めなかっただろう」


       no title



    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/29(火) 22:17:49.44 ID:???0.net
    おそらく、誰がボスであるか知らせるためだろう。

    ブラジル代表の監督に就任したドゥンガ氏が、ネイマールとダニエウ・アウヴェスを批難した。
    髪を染めていないで、ワールドカップのことに集中しろということだ。

    ネイマールとアウヴェスが、髪を染めている間にワールドカップのことを考えていなかったということは、証明のしようがない。

    さらに、ドゥンガ監督は、「私なら、ワールドカップに代表の一員として参加している間は、髪を染めることは認めなかっただろう」と語った。

    染めるならW杯の前か後にしろ。ワールドカップのことを考えるべき時にすることではない。

    ドゥンガ監督の批難は他のことにも及んだ。ネイマールがキャップを被っていたことも批難。

    この話を聞いて、帽子で髪を染めていることを隠そうとしていることを批難しているのかと思った。しかし、違った。

    「ブラジル代表の帽子を被るか、被らないかだ」。ドゥンガ監督は、学校の厳しい校長を思い出させる。

    ドゥンガ監督の話の中で、唯一、筋が通っていたのは、ネイマールがブラジル代表に合わせるべき、
    その逆であってはならないと断言したことだ。

    「ブラジル代表はネイマールに合わせてプレーをしない。ネイマールがブラジル代表に合わせるのだ」
    しかし、この理論を通すためには、ブラジルは第2、第3のネイマールを発掘しなければならない。ダヴィド・ルイス?笑い話だ。


    http://www.ballball.com/ja-jp/article/35967-neymar-world-cup-dunga/

    【【昭和テイストな鬼軍曹】ブラジル代表のドゥンガ監督「私なら、W杯に代表の一員として参加している間は、髪を染めることは認めなかっただろう」】の続きを読む

    このページのトップヘ