進撃の日本代表速報

サッカーや野球や主にスポーツなどの日本代表の活躍をみてホルホルしたい方に送る感じです

    タグ:クロップ


                      no title

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/17(水) 10:02:25.87 ID:???0.net
    ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、MF香川真司がマンチェスター・ユナイテッドで成功できなかった理由を、

    アレックス・ファーガソン元監督の勇退から始まった度重なる監督交代にあったと指摘した。

    FIFA公式サイトが報じている。

    香川はスコットランド人の名将に請われ、2012年シーズンに1200万ポンドの移籍金でドルトムントを去った。

    そして、2年後に半額の600万ポンドの移籍金で古巣へと戻ってきた。

    復帰初戦の13日のフライブルク戦ではゴールを決めるなどの活躍で、マンチェスター・U時代には見せることが少なかった輝きを放った。

    「私にはカガワが移籍マーケットに出ていたことが驚きだった」

    移籍市場閉幕直前でマンチェスター・Uとの交渉を成功させ、買い物上手をアピールしたクロップ監督はそう語った。

    一方で、まな弟子がオールド・トラッフォードでポジションを確保できなかった理由についても口を開いた。

    「彼のマンチェスター・Uでの1年目はサー・アレックス・ファーガソンの監督として最後のシーズンだったので、選手を育成する時ではなかったということ。

    (監督のキャリアの中で)そのステージで求めるものは結果とタイトルだけになる」

    プレミア優勝を花道にチームを去った名将だが、やはり指導者としてのラストイヤーはタイトルにこだわるもの。

    精緻な連動性を武器にしたドルトムントから、フィジカルコンタクトが激しく、コンビネーションよりも個での打開能力を要求されるプレミアリーグへと移った。

    さらに、独特なスタイルのリーグに適応する必要があった香川を先発で起用しながら、成熟を待つ余裕が当時のマンチェスター・Uにはなかったのかもしれない。

    「2年目は新監督の1年目だった。これも結果が全てだ。そして、成功に関する哲学を持った3人目の監督がやってきた。われわれは香川と契約するチャンスをうかがっていた。

    そして、それをものにした。香川はフライブルク戦でセンセーショナルだったよ」

    昨季デイビッド・モイーズ氏が監督に就任すると、マンチェスター・Uはロングボールとクロスを前面に押し出すスタイルに転換した。

    その2人目の指揮官は、クラブ側から長期政権を約束されながらも、やはり結果を欲した。

    今季監督に就任したルイス・ファン・ハール氏は、リーグ開幕戦のホームゲームで1972年以来の敗北を喫し、リーグカップで3部MKドンズに0-4で惨敗するに至ると、

    急に大ナタを振るい始めた。香川ら余剰戦力と見なした選手を次々に放出。移籍市場では1億5000万ポンドも投じ、ビッグネームを次々に獲得した。

    金に糸目をつけずに、結果が欲しかったことは間違いない。

    クロップ監督は08年シーズンからドルトムントにおいて長期政権を築いている。

    クラブの継続性と強化の一貫性、政権の安定性は香川復活を後押しする大きな要因なのかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web 9月16日(火)11時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140916-00010005-soccermzw-socc

    【ドルトムントのクロップ監督が分析www 香川はマンUの結果至上主義に謀殺された】の続きを読む

    【サッカー】クロップ監督「香川は何一つ能力を失っていない上に2年分の成長と経験が加わった」[9/12]

            no title


    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 19:07:24.64 ID:???0.net
    クロップ監督「香川は2年分の成長と経験が加わった」

     ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督は、13日に行われるブンデスリーガ第3節フライ
    ブルク戦に向けての会見に臨んだ。チームの負傷者の状況に言及し、MF香川真司の出場を明言して
    いる。

     シーズン序盤から苦しい状況が続いているドルトムント。7日に行われたEURO2016予選の
    ドイツ対スコットランド戦で負傷したMFマルコ・ロイスに続き、ヤクブ・ブワシュチコフスキも4
    週間以上の離脱を強いられることが明らかになった。

    クロップ監督は11日の会見で次のように話している。

     「残念ながら先週に比べて状況は良くなっていない。

    ご存知のとおりロイスは負傷し、昨日からヤクブ・ブワシュチコフスキも離脱している。

    ヌリ・シャヒン、マッツ・フンメルスもまだ復帰できない。

    イルカイ・ギュンドアンは練習に参加しているが、まだ試合に出るには無理がある」

     MFオリヴァー・キルヒ、FWチ・ドンウォンもまだ復帰を見込めないと説明するクロップ監督だ
    が、状態が不安視されていた数人についてはこう続けた。

     「マルセル・シュメルツァーは普通に練習に参加している。チーロ・インモービレは代表から戻っ
    てきた際、少し足を引きずっていた。

    先ほど彼から連絡を受けたところ、今日の練習には参加できると言っている。

    ピエール=エメリク・オーバメヤンは昨日、(ガボン)代表でレソトとの試合に出場して状態は大丈夫だが、ここに着くのは明日の昼になってしまう」

    「もっと時間があれば良かったと思う。マルコが負傷した。

    もちろんシンジが加わったが、彼はまだみんなとプレーしたことはない。

    完璧と言えるような状況からはほど遠い。

    それでも我々は今後数週間で自分たちのサッカーが安定することを目指さなければいけない」

     先日練習場で香川と楽しそうに話し込んでいた際、何語で話していたかと質問されたクロップ監督
    は、冗談を交えながらこう答えた。

     「日本語だよ。この日のために2年間一生懸命勉強していたんだよ(笑)。

    本当は英語で話したが、そのとき何について話したかは覚えていない。

    彼とはここ数日間、たくさん話していたからね。

    だが、大した内容ではないだろう。我々は彼と一緒に日常を過ごしているんだからね」

     「もちろん、彼は最初の1日から特別なプレーを見せたがっているだろう。

    4、5日一緒にトレーニングができて、彼がクラブを離れたときに持っていた能力を何一つ失っていないことが確認できた
    よ」

     「そこにこの2年分の成長と経験が加わり、英語も話せるようになり、多少のドイツ語もまだ覚え
    ている。

    今回(の加入)は以前とはまったく違う事情なので、ドイツ語はこれからどんどん上達していくと思うよ。

    彼は本当にナイスだし、また我々のドレッシングルームにいることはとてもうれしいことだね」

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140912/bun14091207290002-n1.html

    【クロップがまたハードルあげてるww「香川は何一つ能力を失っていない上に2年分の成長と経験が加わった」】の続きを読む

    このページのトップヘ