進撃の日本代表速報

サッカーや野球や主にスポーツなどの日本代表の活躍をみてホルホルしたい方に送る感じです

    タグ:カカウ

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 06:36:26.10 ID:???0.net
    カカウ選手(C大阪)

    「確かに(来日初)得点を取れたことはよかったですが、我々の勝利につながらなければ、意味のないゴールだったと言わざるを得ない。

    失点を減らさないと、我々は失点以上のこと(得点)をしなければ、結果につながらないのは、当然のこと。

    これをしっかりチームとして考えていかないと、(J2)降格が現実のものになってしまう。

    (降格圏を抜け出すために必要なことは?)我々はこんな状況にいるようなチームでないということをプレーで示さなければいけない。

    自分のキャリアの中においても、降格なんてしたくない。

    それは僕だけではなく、みんなも当然思っていると思いますが、

    その意識、危機感を、もっともっと感じなければいけない。

    練習の中では、そういうところを出せていると思いますが、ただ、本当の勝負のかかった公式戦で、まだ出せていないように思うし、

    目を覚まさなければいけない。

    僕は日本に降格するために来たわけではないし、そんな結果を出したくない。

    (ずっとプレーしていた)ドイツが決して正しいとは言わないが、ドイツでは少なくともホームで連敗したり、何試合も勝てないということがあれば、

    相当なプレッシャーがかかるし、メディアからのプレッシャーもあるし、その中で、逆に選手たちのプライドに火がつく。

    そして、反撃していくことが、実際にドイツではある。日本に足りないのはそこじゃないかなと。

    現状を甘んじて受け入れてしまうところがあるような気がして仕方がない。

    もちろん、勝ち負けはサッカーの中ではあると思いますが、
    プライドにかけて闘うという気持ちがぬるくなってしまっては、プロとは呼べない。

    人生、何かを勝ち取ろうと思えば、みんなが気持ちを1つにして、チームとして結果を出さなければいけない、闘わなければいけないわけで、

    そこはみんな1人ひとりが考えていかなければいけない」


    一部抜粋
    http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00179302.html

    【カカウさんがセレッソに喝www「プライドにかけて闘うという気持ちがぬるくなってしまっては、プロとは呼べない」】の続きを読む

    【サッカー】フォルランとの共闘で低迷打破を!C大阪・カカウ入団会見「Jリーグは非常にレベルが高く、競争力があるリーグだと聞いた」
                  images-469


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/15(金) 21:02:05.58 ID:???0.net
    J1・C大阪に加入する元ドイツ代表FWカカウ(33)が15日、大阪市内のホテルで入団会見を行った。

    カカウは会見の冒頭に「こんにちは。セレッソ大阪に来られてうれしいです。皆さんと一緒にたくさんの喜びを分かち合いたいです。
    よろしくお願いします」と、約20秒間に渡って日本語であいさつした。

    2月に入団会見を行ったウルグアイ代表FWフォルランの映像を見たことを明かし
    「日本にリスペクトを持って頑張っていきたいという姿勢を見せるためにも、しっかりと日本語を練習してきた」と笑顔を見せた。

    ペッツァイオリ監督からは1・5列目で起用する方針を伝えられており「セカンドトップは一番得意な形。

    ゴールだけではなく、アシストやゲームを組み立てるパスも行い、前線と中盤のメンバーでボールをつないでいきたい」と自信を示した。

    フォルランとのプレーについても「まずはトレーニングの中で特徴を把握していきたい。ポジションチェンジを多く行い相手を惑わすことができれば。
    世界的な選手と一緒にプレーできることを光栄に思う」とイメージを膨らませた。

    ブラジル出身のカカウは複数のオファーからC大阪入りを決めた理由の一つに、知人でもある元鹿島ジョルジーニョ氏からのアドバイスを挙げた。

    「Jリーグは非常にレベルが高く、競争力があるリーグだと聞いた。また、大阪という街についても自分に合ったいい街ではないかという話もしてもらった」

    1995年から98年までJ1鹿島でプレーし、2012年には監督も務めた元ブラジル代表DFの言葉が、日本行きへの後押しとなった。

    会見に同席した勝矢強化部長はブラジルW杯前からカカウをリストアップしていたことを明かし
    「人間性やプレースタイルを分析してオファーを出した」と獲得に至った経緯を説明した。

    また、岡野社長は「4試合連続で得点がゼロ。19試合で19点しか取れていない。得点力不足という現状を打開するために彼を呼んだ」
    と、ブンデスリーガ通算307試合88得点の実績に期待を寄せた。

    カカウは17日からチームに合流予定で、ペッツァイオリ監督は状態を見極めながら、23日広島戦(Eスタ)でのメンバー入りを考えていることを明かした。

    デイリースポーツ 8月15日(金)20時7分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140815-00000069-dal-socc

    【【仏のカカウ様】フォルランとの共闘で低迷打破を!C大阪・カカウ入団会見「Jリーグは非常にレベルが高く、競争力があるリーグだと聞いた」】の続きを読む

    【サッカー】セレッソ大阪新加入元ドイツ代表FWカカウが家族と来日「日本に来られて本当にうれしい」 スーツケース13個にギターも
               images-391


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 19:20:35.68 ID:???0.net
    J1・C大阪への加入が合意に達している元ドイツ代表FWカカウ(33)が14日、
    羽田空港を経由し、大阪空港着の航空機で家族とともに来日した。

    13個のスーツケースに加えギターケースという大荷物。
    計12時間のフライトにやや疲れを見せながらも、「日本に来られて本当にうれしい」と笑みを浮かべた。

    今年6月に契約満了でシュツットガルトを退団して無所属となっていたカカウだが、
    シュツットガルト時代に知り合ったフィジカルコーチが作成したメニューを消化し、
    シュツットガルトBチームの練習に参加するなど3週間以上トレーニングを積んでいる。

    「何%かというのは難しいが、コンディションはいい。
    後はボールワークを積み重ねることが必要」と早期の試合出場に意欲を示した。

    降格危機脱出へ救世主となることが期待される。C大阪は8戦未勝利で15位と低迷。

    残留争いについては、カカウ自身も13‐14年シーズンに8連敗を喫するなど15位に終わっており、
    「シュツットガルトでも経験している。チームが一つになり、共通意識を持って状況を打開していくことが大切」と話した。

    カカウは15日にメディカルチェックを行い、その後正式契約を結ぶ。
    チーム合流は16日の予定で、川崎戦(16日、等々力)には出場しない。

    デイリースポーツ 8月14日(木)19時13分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140814-00000053-dal-socc

    【セレッソのカカウさんがギターケースもって来日www】の続きを読む

    【サッカー】セレッソ大阪 ブンデスリーガ通算307試合に出場し、88得点のFWカカウ加入!降格危機脱出への切り札に
                images-421



    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/11(月) 20:27:57.64 ID:???0.net
    J1のC大阪は11日、元ドイツ代表FWカカウ(33)と完全移籍による加入で合意に達したと発表した。

    メディカルチェックを終えた後、正式契約となる。契約期間は2015年6月30日まで。今週中にもチームに合流する。背番号は33。

    ブラジル出身のカカウ(本名=クラウデミール・ジェロニモ・バレット)は身長1メートル79、体重74キロで、1981年3月27日生まれの33歳。

    ドイツ1部リーグ、ブンデスリーガのニュルンベルクやシュツットガルトで通算307試合に出場し、88得点。

    ドイツ代表としても国際Aマッチ23試合に出場して6得点をマークしている。

    カカウはクラブを通じ、「この度、数多くのブラジル人選手がプレーしてきたJリーグで自分自身もプレーできることになり、本当に嬉しく思っています。

    その中でも、たくさんの素晴らしい選手を輩出し、伝統のあるセレッソ大阪というクラブでプレーできることを光栄に思います。

    セレッソ大阪は今の順位にいるべきチームではないですし、自分の経験を試合の中で生かし、チームのためにみんなと一緒になって、
    状況をより良いものにしていきたいと思います。そして、悲願のタイトル奪取に貢献できれば幸いです」とコメント。

    C大阪はワールドカップ(W杯)ブラジル大会にも出場した日本代表FW柿谷曜一朗(24)がスイス1部のバーゼルに完全移籍し、

    同じくW杯メンバーでチームでは主将を務める日本代表MF山口蛍(23)は9日のFC東京戦で負傷して右膝外側半月板損傷で全治6週間と診断されたばかり。

    現在、J2降格圏16位の名古屋と勝ち点19で並ぶ15位に低迷しているが、
    ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(35)との“超大物コンビ”でチームの窮地を救えるか、注目される。

    2014年8月11日 18:24
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/08/11/kiji/K20140811008728070.html

    【【あの澄みきった瞳は反則やでえ】セレッソ大阪 ブンデスリーガ通算307試合に出場し、88得点のFWカカウ加入!降格危機脱出への切り札に】の続きを読む

    このページのトップヘ