進撃の日本代表速報

サッカーや野球や主にスポーツなどの日本代表の活躍をみてホルホルしたい方に送る感じです

    タグ:オランダ

    【サッカー】新生アッズーリがオランダとの新指揮官対決を制する

                 images-666

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/05(金) 07:48:16.67 ID:???0.net
    2014年ブラジル・ワールドカップ終了後、新指揮官を招へいしたイタリア代表とオランダ代表が、4日に国際親善試合を戦い、2-0でホームのイタリアが勝利した。

    ブラジル・ワールドカップでの成績不振によりチェザーレ・プランデッリ前監督(現ガラタサライ監督)が辞任したイタリアは、新指揮官として昨シーズンまでユヴェントスを指揮しリーグ3連覇に導いたアントニオ・コンテ氏を招へい。

    イタリア人指揮官の初陣となる一戦では、チーロ・インモービレやシモーネ・ザザが先発。

    一方のオランダは、ブラジル・ワールドカップで大会前の下馬評を覆す3位という好成績に導いたファン・ハール前監督(現マンチェスター・U監督)の後任に、1998年フランス・ワールドカップで同チームをベスト4に進出させたヒディング氏を再起用。

    就任後初となる今回の一戦では、 [3-4-1-2]ではなく[4-3-3]のシステムに変更し、ロビン・ファン・ペルシーやウェズレイ・スナイデルといったワールドカップのときとほぼ同じ顔ぶれが先発起用された。

    前半の立ち上がりからボールの主導権を握りにかかったオランダだが、先にゴールを奪ったのはイタリアだった。

    3分、自陣からダニエレ・デ・ロッシがロングフィードを蹴り出すと、このパスとともに前線のインモービレが相手の最終ラインを抜け出し、GKヤスパー・シレッセンとの一対一を冷静に制した。

    立ち上がりに迎えたファーストチャンスをモノにしたイタリアは9分、単騎突破を図りボックス右に侵攻したザザが後方からブルーノ・マルティンス・インディに倒されてPKを獲得。

    キッカーを務めたデ・ロッシがゴール左隅に沈め、イタリアが2点のリードに成功した。

    緩慢な守備と不用意なミスが重なり、立て続けに失点したオランダは、さらにPKを与えたプレーでマルティンス・インディが1発退場。

    この退場を受けて、左ウイングに入っていたイェレマイン・レンスを下げて、ヨエル・フェルトマンをセンターバックの一角に据えた[4-4-1]の布陣に変更し、最終ラインの再構築を図った。

    その後、2点のリードで試合運びに余裕を見せ始めたイタリアに対し、数的不利のオランダがボールを保持する展開が続いたが、アッズーリ守備陣を崩す策を見いだせないまま前半終了。

    コンテ監督率いる新生・イタリアが2点のリードでハーフタイムを迎えた。

    迎えた後半は攻めあぐねる相手を尻目に、イタリアがペースを握る展開となる。最終ラインがハーフウェイライン付近まで押し上げて全体をコンパクトにまとめるイタリアは、レオナルド・ボヌッチが相手の意表を突くミドルシュートを浴びせるなど、試合の行方を決する3点目を狙う。

     一方、数的不利のオランダはなかなか攻撃のリズムが上げられず、低調な戦いぶりに終始。後半の立ち上がりには味方が頭で送ったパスをボックス中央で受けたファン・ペルシーだが、得意の左足で放ったシュートはイタリアのゴールマウス右に外れた。

     後半の半ばを迎えて、両チームともに次々と交代カードを切り、フレッシュな選手を投入。デ・ロッシやクラウディオ・マルキジオ、インモービレら主力を下げるイタリアに対し、
    オランダもダリル・ヤンマートやナイジェル・デ・ヨング、ファン・ペルシらをベンチへ下げた。

     その後、両チームの主力が抜けたことで試合の流れは停滞。終盤には、オランダが流し気味にプレーするイタリアを押し込む時間が続いたが、試合はそのまま終了。

    新指揮官対決で注目が集まった一戦は、コンテ監督率いる新生・イタリアに軍配が上がった。

     コンテ監督の初陣を勝利で飾ったイタリアは9日、ユーロ2016予選グループHの第1節でノルウェー代表とホームで対戦。

    一方、敗れたオランダは同日、予選グループAの第1節でチェコ代表とのアウェイ戦を迎える。

    >>2以降につづく
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00228882-soccerk-socc

    【【コンテVSヒディンク!!ww】新生アッズーリがオランダとの新指揮官対決を制する】の続きを読む

    【サッカー】VVVフェンロ大津がブログで公式戦復帰を宣言「約250日ぶりの試合」

              images-542

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 18:24:06.51 ID:???0.net
    21日、VVVフェンロ所属のFW大津祐樹が自身のブログを更新し、公式戦復帰を宣言した。

    2013年12月に行われたマーストリヒト戦で、アキレス腱断裂の重傷を負った大津はリハビリを終え、6月末にチームに合流していた。

    8日にオランダリーグ2部が開幕し、大津は「開幕戦と2試合目は足の状態を完璧にするために欠場しました」と説明。

    22日、VVVフェンロは第3節デ・フラーフスハプ戦に臨むが、「明日は3試合目です。公式戦約250日ぶりの試合になります」と綴り、同試合での復帰を宣言した。

    「ようやくこの時がきたなって感じです。今までリハビリや身の回りの事に関わってくれた方々に感謝しています。本当にありがとうございました」

    感謝の気持を述べた大津は、最後に「これからはプレーで恩返ししていきたいと思います」とコメントしている。

    SOCCER KING 8月22日(金)11時23分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140822-00223670-soccerk-socc

    【【大津、怪我してたんか(゚∇゚ ;)】VVVフェンロ大津がブログで公式戦復帰を宣言「約250日ぶりの試合」】の続きを読む


    【サッカー】ファン・ハール監督「ロッベンをマンUに歓迎する」 [7/13]

                  images-143

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/07/13(日) 10:02:11.27 ID:???0.net
    AFP=時事7月13日(日)9時4分配信

    サッカーW杯ブラジル大会3位決定戦、ブラジル対オランダ。試合後に笑顔をみせるオランダの
    ルイス・ファン・ハール監督とアリエン・ロッベン(2014年7月12日撮影)。

    【AFP=時事】サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)3位決定戦でブラジルに勝利した
    オランダのルイス・ファン・ハール(Louis van Gaal)監督が試合後、アリエン・ロッベン(
    Arjen Robben)をマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)に歓迎するとコメントした。

     ロッベンは現在ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)に所属し、
    一方でファン・ハール監督は大会終了後にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイ
    テッドの指揮官に就任することが決まっている。

     オランダ代表監督としての最後の試合を戦い終えたファン・ハール監督は、オランダ放送協会
    (NOS)に対し、「彼はオールド・トラフォード(Old Trafford)で歓迎されることを知っている」と語った。

     ブラジリア(Brasilia)で行われた3位決定戦で、ファン・ハール監督が率いるオランダは3-0で
    ブラジルに快勝した。【翻訳編集】 AFPBB News

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140713-00000007-jij_afp-socc

    【マンU就任のオランダ代表監督「ロッベンもマンUにきちゃいなよ」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/07/12(土) 13:52:09.40 ID:???0.net
    ロッベン、優勝以外興味なし 3位不要説の指揮官に同調

    W杯3位決定戦 オランダ―ブラジル (7月12日 ブラジリア)

    3位決定戦へ向けた練習に参加したオランダのロッベン
    Photo By AP

     準決勝アルゼンチン戦から一夜明けたばかりのオランダは、10日の練習をわずか40分で切り上げた。

     ファンハール監督は3位決定戦の不要説を唱えており、この日も「連敗して大会を終える可能性が
    あるということ。何も得るものがない」とバッサリ。ロッベンも「一つの賞のみが重要であり、
    それは世界チャンピオンだ」と指揮官の考えに同調した。先発は若手中心のメンバーになる可能性がありそうだ。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/07/12/kiji/K20140712008547520.html

    images-62
    【【サッカー】オランダ、3位決定戦は若手中心の可能性 ロッベンも3位不要説に同調 [7/12]】の続きを読む


    【サッカー】“口撃”で心理戦制したオランダ代表のPK専用GKクルル「混乱した相手監督の表情はプライスレス」

                                                       images-178



    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 20:47:11.75 ID:???0.net
    現地時間5日(以下現地時間)に行なわれた2014年W杯準々決勝で、
    PK戦の末にコスタリカを下して準決勝進出を決めたオランダ。

    この試合でPK戦に備えて延長終了間際に途中出場し、
    2本のPKをストップして勝利の立役者となったGKティム・クルルが試合を振り返り、
    自身の投入や“口撃”が相手に動揺を与えたと語っている。

    オランダはこの試合で、スコアレスで延長戦終盤に突入すると、
    PK戦に備えて正GKヤスパー・シレセンに代えてクルルを投入。

    迎えたPK戦でクルルは、相手選手に対して「蹴る方向は分かっている」と、
    繰り返しプレッシャーを与え、結果として2本の決定的なセーブを披露。
    チームは4対3でPK戦を制し、ベスト4進出を決めた。

    クルルが相手にプレッシャーを与える言動を繰り返し行なったことは、
    FIFA(国際サッカー連盟)の定めるフェアプレー精神に反するとの声も挙がっているが、
    同選手は何も悪いことはしていないと主張。

    6日の記者会見で「悪いことをしたとは思わない。相手に攻撃的な姿勢で叫んだわけではない。
    クレイジーなことは何もしていないよ。ただ蹴る方向を知っていると伝えただけだ」
    と、単なる駆け引きの一部だとしている。

    終盤のGK交代がコスタリカに動揺を与えたかと問われたクルルは、「おそらく」と返答。
    「僕がウォームアップを始めたら、(コスタリカの)ベンチ全体が、何が起きているのかといった具合に混乱していた」と述べ、
    コスタリカのホルヘ・ルイス・ピント監督のリアクションを思い出して
    「向こうの監督を見たら、僕らの(ルイス・ファン・ハール)監督の方を見ていた。その時の彼の表情はプライスレスだと思うよ」と、
    コスタリカベンチに大きな混乱が生じていたと振り返っている。

    7月7日(月)14時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140707-00000014-ism-socc

    【オランダのGKみたいな心理戦とか、みてる側からすれば燃えますよね】の続きを読む

    このページのトップヘ