進撃の日本代表速報

サッカーや野球や主にスポーツなどの日本代表の活躍をみてホルホルしたい方に送る感じです

    カテゴリ: おふざけ

                 images
        

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/16(火) 10:36:54.73 ID:J+MPUCSU0.net
    本田圭佑 香川真司
    総合値 81 83 
    ポジション CAM/RM CAM/CF

    フィジカル
    加速 83 90
    俊敏性 85 93
    バランス 66 91
    ジャンプ 82 63
    リアクション 79 84
    スピード 82 79
    スタミナ 91 82
    体力 71 43

    スキル
    ボールコントロール 82 87
    クロス 76 59
    カーブ 91 78
    ドリブル 81 88
    決定力 78 74
    フリーキック精度 87 64
    ヘディング精度 68 51
    ロングパス 80 73
    ロングシュート 83 72
    マーク 63 14
    逆足 ★★★★(4/5) ★★★★(4/5)
    スキルムーブ ★★★(3/5) ★★★★(4/5)

    メンタル
    攻撃性・ガッツ 63 25
    インターセプト 54 56

    攻撃的
    ポジション 78 83

    【ゲームでの香川と本田強すぎwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    【サッカー】モウリーニョ監督がきつい一発「グアルディオラがハゲているのはサッカーを楽しんでいないから」
          no title


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 21:19:13.38 ID:???0.net
    サッカーは、ピッチ外の勝負からも目が離せない。

    ピッチ内の選手同様、ピッチ外の監督も戦っている。近年の一番のライバル関係は、ジョゼ・モウリーニョとペップ・グアルディオラによるものだろう。

    それぞれレアル・マドリーとバルセロナで覇権を争ったリーガエスパニョーラを離れ、プレミアリーグとブンデスリーガへと戦いの場を移したが、その敵対関係に変わりはない。

    UEFAの監督会議の場でも、やりあったようだ。

    『CBS』などによると、会議の席でグアルディオラはエンターテイメント性の追求を目指し、
    パスを速く回せるよう芝をさらに短く刈り込むことと試合前の水の散布を提案。

    これに対してモウリーニョは「それぞれのプレイスタイルがあり、それは尊重されるべきだ」と話したという。

    返したグアルディオラは
    「サッカーの美しさは、監督次第だ。モウリーニョはスペクタクルよりも結果を重視するように、私には思える。

    彼にはそれがすべてだと、私には分かっている」と話したという。

    もちろん、モウリーニョが黙っているわけがない。

    スペイン『エル・コンディデンシアル』は、以下のような発言を、モウリーニョのものとして伝えている。

    「自分がしていることを楽しんでいれば、髪がなくなることはない。彼の頭はハゲている。グアルディオラはサッカーを楽しんでいないんだ」

    それぞれのサッカー哲学があっていい。とにかく、2人のやり合いがスペクタクルであることも間違いない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 9月12日(金)18時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140912-00010001-theworld-socc

    ペップ・グアルディオラ
    http://www.fcbayern.de/jp/teams/first-team/pep-guardiola/index.php

    【全俺が泣いたwwモウリーニョ「グアルディオラがハゲているのはサッカーを楽しんでいないから」】の続きを読む

                images-678


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/08(月) 04:45:56.50 ID:k3KRaPo50.net
    しかし歴代の全日本人選手の誰よりも実力・実績共に上回っている現実

    そもそもシュート意識や精度が異常なほど低い俺たち日本人がトーレスを師匠師匠言ってるのが違和感ありすぎる

    36試合ノーゴールの香川を擁護しおいてトーレスを批判するのはおかしな話

    【【サッカー】 お前らトーレスのこと師匠って馬鹿にしてるけどさ】の続きを読む

    このページのトップヘ